排便が困難になる姿勢|消化や姿勢など便秘の原因を解説します

MENU

排便が少ないのは消化が悪いせい?

排便が少ないなって感じることありませんか。一日一回以下。不安になりますよね。
出る人は一日3回かそれ以上出るそうです。お水を飲んだりお茶をよく飲む人ほど排便がいいようです。
それって消化に関わるのではと思います。水分が多くなると消化を促します。きちんと食べることも大事です。
3食食べてお水をいっぱいとる、これで排便の基礎はできました。
後は運動です。毎日主婦業をキチンとこなしていれば、かなりの運動のはずです。
ウォーキングとかでもいいはずです。それでも出ない人はいます。出ない酷い便秘の方はお薬を飲むしかないでしょう。
私はその酷い便秘の方で、お薬を飲んでいます。不思議です。お薬を飲むと出るんですね。
お薬が消化に作用しているのでしょうか。お薬を寝る前に飲むと翌日の昼頃に排便があります。飲まないとうんともすんとも言いません。
私にとって便秘薬はとっても大事なものです。消化を助け排便を促してくれます。調子のいいときは2-3回出ます。
お通じが良くなると体が軽くなった気がしますし、ダイエットにもいいようです。結局消化もありますが、体質もあるんじゃないでしょうか。
無理をせずにお薬に頼ったほうがいいのではないでしょうか。そのほうが楽です。

 

 

 

排便困難な便秘になりやすい姿勢とは?

正常な排便ができない便秘には、猫背の姿勢が原因となっている場合があります。
猫背の姿勢が便秘に影響を与える原因として、まず、猫背姿勢になると、背中が丸くなり、首の位置が前に出ることで、胃腸などの臓器が圧迫を受けるため、動きが悪くなって自律神経の乱れにもつながります。
さらに、消化機能の低下にもなって、正常な排便にも支障をきたしてしまいます。
次に、悪い姿勢によって骨盤が後ろに傾き、それによって骨盤の前に空白ができることで内臓が入り込み、本来内臓があるべきところから下がってきてしまい、それによって、骨盤に多く分布している内臓神経を圧迫してしまい、腸の動きを悪くしてしまうことで、便秘になってしまいます。
最後に、加齢により腹の筋力が低下して、背筋が曲がってしまうということがあります。
排便をするためには、一定の筋力が必要となるので、筋力が低下してしまうことで、スムーズに排便を行うことが出来なくなって、その結果便秘に繋がってしまいます。
姿勢が原因で排便がうまく行えないという場合には、座るときに脚を組むクセがある方は猫背になっている場合があります。
また、パソコンの位置や背もたれの角度などを確認して気を付ける他、運動をして座るときに必要な筋力を鍛えるなどがお勧めの方法です。

 

 

 

困難な便秘はどうすればいいの?

日本人の多くにある共通する疾患があります。それは便秘症と言う疾患です。
単に便が出ないと侮ってはいけません。便が出ないことで様々な症状に苛まれることになります。
例えば三日も便が出ないと下腹部が非常に重く、痛みを伴うようになります。
また腸内も劣悪になり、悪玉菌で満たされます。悪玉菌で満たされると正常な腸の活動が見られずに、ますます便秘が促進します。
また、腸内環境が劣悪になると体の健康も保証されません。免疫力が低下するので風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。
当然肌荒れも酷く、ニキビなどが出来やすくなります。
しかし、便秘になると排便が困難になります。排便が困難なのに無理に出そうと力むことで痔ろうになってしまいます。
こうした場合には無理に出そうとせずに、生活全般を見直すことが大事です。
例えば毎朝コップ一杯の水を飲むだけでも、腸が刺激され便意を感じやすくなります。
食物繊維豊富な朝食を心がけるのも賢明です。また、乳酸菌を含む食品を積極的に夜食べることで翌朝スムーズに便意を感じ、排便されることもあります。
また、決まった時間にトイレ時間を作るのも良いでしょう。
こうすることで、困難な便秘とおさらばすることが出来るでしょう。

 

 

 

排便は一日に何度がいい?

現代の日本人の腸内環境は決して良いものではありません。それは多くの人が悪玉菌で満たされているためです。
悪玉菌で腸内が満たされていると、様々な弊害がもたらされます。
代表的なのは腸の活動が停滞し、そのことで便意を感じにくくなり、便秘症になる人が非常に多い傾向にあります。
また、便秘が促進して一週間にもなると、腹部の圧迫感やお腹の張りなどで腹痛を感じるようになります。
これは日本人の食生活が劇的に変わってしまったからです。
戦前戦後の日本では、味噌や醤油、漬物、野菜といった食事がメインであり、乳酸菌や野菜を豊富に摂取できていました。
しかし、現代では脂質過多で肉中心であり、野菜不足が深刻で腸内環境が悪玉菌で満たされるようになっています。
そのため、一日に一度も排便されない人も少なくありません。しかし最低一日に一度排便されるのが理想的です。
日数が経過されるごとに腸にたまった便の水分が腸に再吸収され、便が固くなってしまうからです。
便が固くなると排便時に肛門が圧迫され、過剰な負荷がかかり、痔ろうになってしまうことがあります。
そのため一日一度の排便をめざし、生活習慣や食習慣を改善していくことが大事です。
食物繊維を豊富に摂取し、運動を取り入れると良いでしょう。

 

 

 

関連サイトはこちら

排便が困難だと、何かと不快感があったりと嫌な感じですよね。
もし上で紹介したような方法でも改善に向かわないということでしたら、こちらのサイトを参考にしてみてください。
便秘のお茶についてのウェブサイトです。

 

便秘になると、体重は増加、それとも減少